140510

初心者が挑戦!黒い画面でGitを使ってみる!【作成編】

みなさま、こんにちは!
WP-Eたまご こと、@makiko_olです!
今回は、前回私が書いた「初心者が挑戦!黒い画面でGitを使ってみる!【設定編】」の続きです。
「git初めて使うんです!」という人はぜひ「設定編」からご覧下さい。

Git勉強会の目次

  • Gitの概要
  • Gitのリポジトリを作成 ← 今日はここ
  • Gitアカウントを作る
  • Github上にリポジトリを追加

Gitリポジトリの作成

リポジトリとは、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所のこと。ソースコードそのものや、誰がどのように変更したなどの履歴が確認できるので、複数人で作業するときには大変便利なもの。

リポジトリに「リモートリポジトリ」と「ローカルリポジトリ」の2種類があります。
 ・リモートリポジトリ:サーバに配置して複数人で共有するための場所
 ・ローカルリポジトリ:ひとりで利用するために、自身のマシン上に用意される場所

自分で作業するだけなら、ローカルリポジトリを作成して作業すればOK。もし他の誰かにこのファイルやディレクトリを見せたい!、一緒に作業したい!というならリモートリポジトリを作成し、そこにファイルやディレクトリをアップロードすれば公開することが可能です。

ちなみにGitの中ではこんなことができるそうです。
git14

Repositoryが2つありますね。上がリモートリポジトリ、下がローカルリポジトリ。
なんだか色々(pushとかpullとか)書かれておりますが、こちらは作業をしながら確認していきます。
Gitの中ではこんなことが行われているんだ〜と思って頂ければ、これ幸いw

ディレクトリの作成

それではまず、ローカルリポジトリにディレクトリを作成しましょう。
つまりは自身のマシン上に作業するためのフォルダを作ります。
黒い画面に以下のコマンドを打ち込みましょう。
私は「git_study」という名のディレクトリを作成しています。

$ mkdir git_study

ご自身のマシン内に、ここで作成したフォルダが出来上がっているでしょうか?

ディレクトリの移動

自身が作成したディレクトリ内で作業ができるように、黒い画面を使って移動をしてみます。

$ cd git_study

「git_study」の部分はご自身でつけたディレクトリ名を入れて下さい。
上記のコマンドを打ち込むと「$」の前に指定したディレクトリの名前が表示され、ディレクトリが移動されたことが確認できるかと思います。

sample.txtというファイルを作ってみよう

ここでは「hello!」と表示されるテキストファイルを作ってみます。
helloと表示するものって黒い画面っぽいですよねっ!!(違っ
ファイル名は「sample」。テキストファイルなので拡張子は「.txt」とします。

$ echo 'hello!' > sample.txt

先ほど作成した「git_study」ディレクトリ内に「sample.txt」ファイルが増えていることを確認して下さい。
「sample.txt」の中には「hello!」の文字だけ入っていますね。

ちなみに黒い画面でファイルができていることを確認するには以下のコマンドを打ち込みます。

$ ls

そうすると、指定しているディレクトリ内にあるファイル名を表示してくれます。
今は「sample.txt」を作成したので、そのファイル名のみが表示されていると思います。

gitのリポジトリにする

さて、準備した「git_study」をいよいよリポジトリに変換しましょう!

$ git init

これでgitのリポジトリにすることができました!! (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

Gitリポジトリの状態を確認

リポジトリに変換されたと言われても、今のままだとよく分かりませんよね。。汗
そこで現在のGitリポジトリがどのような状態になっているのか、こちらも黒い画面で確認をしてみましょう。

$ git status

こちらのコマンドを打ち込んでみると、黒い画面にどどどーっと情報が表示されます。
git10
赤い字で「git_study」フォルダ内の「sample.txt」が表示されていますか?

「Initial commit」は「最初のコミットですよ」
「Untracked files:」の()内にも色々書かれていますが「gitが身に覚えのないファイルがありますよー」という感じでしょうか。
「use “git add” to track」 で「git addするといいよー」とお知らせしてくれているのでしょうか。。

また前回の設定編で「color.ui」をインストールしたお陰で赤い字で表示されています。
これが後々変化します。。

リポジトリ追加対象にしましょう

現在の「git_study」は上記の表で言うと、「Working Directory」の位置です。
git15
これを「index」の位置に持っていき、リポジトリ追加対象にしましょう。

$ git add .

そしてもう一度、Gitリポジトリの状態を確認してみます。

$ git status

そうすると、また黒い画面にどどどーっと情報が表示されます。
git11
先ほどの赤い字だったファイル名が緑に代わり、リポジトリ追加対象に格上げしました!

ローカルリポジトリへ追加

リポジトリ追加対象にしたデータをいざ、ローカルリポジトリへ追加します!
git16
「index」から「Repository」にさらに格上げですね!
以下のコマンドを打ち込みましょう。

$ git commit -m 'first commit'

人生初めてのコミット(comiit)です!
git12
「git_study」内の「sample.txt」がコミット(comiit)されたことになりました!
おめでとーございます!! (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

履歴の確認もしておきましょう

今日は最後に履歴を確認しておきましょう。

$ git log

上記のコマンドを打ち込むと・・・
git13
誰が、いつ、何を行ったのかが表示されていますね♬
人生初のコミット(comiit)、みなさん、いかがだったでしょうか?

まとめ

今日はローカルリポジトリ内での作業を色々とすすめてみました。
まだなんとなく何をしているのか分からない。。という方も多いかと思います。
実際に私もそうでした!w

ただ赤い字が緑に変わったとか、first comiitが成功したとか。
ちょっとちょっと先に進んでいる行程が嬉しくなりませんか?

次回はGitアカウントを作ってみましょう!
千里の道も一歩から!!そう信じて一緒に頑張っていきましょう♬

One thought on “初心者が挑戦!黒い画面でGitを使ってみる!【作成編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です