taiwan_sim

台湾でインターネット使い放題(WiFiルータの設定からSIMカードの購入まで)

こんにちは、イカラシ-イカです。年末年始の休暇を利用して、台湾旅行に行ってきました。日本から3時間ほどのフライトで着き、治安も比較的良く、町にはセブンイレブンなどコンビニもあるため、大変に過ごしやすい旅行先だと思います。

しかし、海外旅行では日本の携帯キャリアサービスは使用できず、ネットをつなげるにもオプション料金がかかってしまう……なんとか、台湾でも安くネットにつなぎたいもの。
そこで、今回は台湾で安くネットにつなげる方法をお伝えします。

日本での準備

SIMフリーのWiFiルータ
自分は以前イーモバイルで使っていたHUAWEI製のGP02を持って行きました。
taiwan_gp02_s

WiFiルータの設定方法

どこで設定しても問題はありませんが、滞在時間を有効に使うために日本で設定を済ませちゃいましょう。
今回、台湾で利用する「中華電信」という携帯キャリアで接続する設定を紹介します。(他のキャリアでも同じ設定で接続できるかもしれませんが、未確認です。)

※この先の設定により今までのWiFi接続に支障をきたす恐れがあります。その際、当サイトは責任を負えません。自己責任の上で設定をお願いいたします。

WiFiルータとスマホやPCを接続して、ブラウザでhttp://192.168.1.1/とURLを入力します。
接続できたら、管理者権限でログインします。初期設定時のパスワードはWEPkeyと同じになっています。
taiwan_settop

■プロファイルの作成

ログイン後、右メニュー[設定]・[3G設定]-[プロファイル設定]を選択し、新しいプロファイルを作成します。

プロファイル名:[好きな名前を入力してください]
→ここではchinaTelと入力します。
接続番号:変更できません
ユーザ名:空白のまま
パスワード:空白のまま
認証方式:[PAP]を選択する
APN:[スタティック]を選択しテキストボックスに[internet]と入力します。
IPアドレス:[ダイナミック]を選択します。
taiwan_setfile

以上を入力したら、[保存]ボタンを押してください。これで中華電信で接続するためのプロファイルは作成完了です。

■接続モードの変更

つづいて、接続モードを設定します。
右メニュー[設定]-[3G設定]-[接続モード設定]を選択し、先ほど作成したプロファイルを選びます。
他の設定は画像と同じで問題ありません。
taiwan_setac

これで、WiFiルータの設定は完了しました。あとは、台湾へ移動しましょう。パスポートは忘れずに。

台湾でSIMカードを購入する

日本から台北行きに乗ると、台北松山空港か台北桃園空港に到着します。どちらの空港にも港内に中華電信の店舗がありますので、案内所などに聞いてみてください。

店舗に入って店員さんにWiFiルータを見せながら、「SIMカード」が、欲しい旨伝えると写真のような価格表を見せてくれました。今回はデータのみ5日間を選択します。価格は300NTドル。この時のレート(2014/12/30)で1200円くらいです。
taiwan_price taiwan_pass
料金と一緒にパスポートの提示が必要です。書類にサインをして、晴れてSIMカードが手に入ります。

あとはWiFiルータにSIMカードをセットして電源をオン。これで中華電信キャリアでインターネットが接続可能になります。
taiwan_sim_s

旅先で便利なインターネット

中華電信は台北や台南の高雄、台湾の離島小琉球でも電波が入り、接続が可能です。(ただし、新幹線走行時は接続できませんでした。)
WiFiスポットは多いですが、いつでもどこでもインターネットに接続できるというのは便利です。また、道に迷っても地図を見ることができたり、Skypeにチャージしておけば電話をかけることも可能で安心して旅ができます。

海外でSIMカードを購入というとハードルが高いように感じますが、結構簡単で安くインターネット環境を整えることができます。
台湾に旅行を考えている方は是非SIMカードとWiFiルータで快適な旅をお楽しみください。

はぶあないすとりっぷ
はぶあないすとりっぷ

2 thoughts on “台湾でインターネット使い放題(WiFiルータの設定からSIMカードの購入まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です