141227_01

2014年、70以上のイベント・勉強会に参加したあたしが心掛けている7つのコト

みなさま、こんにちは!
WP-Eたまご こと、@makiko_olです!

転勤で1年前に北の大地から都会島・東京へやってきた私。

大したスキルも無い、知り合いもいないけれども、地方にはあり得ないほどのたくさんのイベントや勉強会が毎日のように開催されている都会島・東京に魅了され、気付けば1年で70以上のイベント・勉強会に参加。そこで私が得たものは……

  • コミュニティに参加できた
  • 最新情報を常に得ることができた
  • 定員越えする人気イベントに参加できた
  • 全国津々浦々、たくさんの知り合いができた
  • 知り合いの知り合いに紹介してもらえた
  • 人気の会社訪問ができた
  • 憧れの人とschooに出れた
  • 講師業務を依頼された
  • 制作依頼を受けた

本当にこの1年でとても恵まれた環境を作ることができたと思っています。

スゴいと言ってもらうことも多々ありましたが、あたしは「楽しいと感じ」、そして「行動した」だけです。そしてそれが1年「継続した」だけです。

ただ、ちょっと心掛けていることはあります。
今日はそちらをご紹介。

141227_02

1. イベントの情報は常に収集

色々とネットで情報が入ってくる世の中で、私が使用しているのは以下のサービス。

Doorkeeper・Peatix・connpassは、いずれも本来はチケット販売できるイベントページ作成サービスですが、参加する側がイベント情報を得るのにも大変便利です。気になるコミュニティや所属グループなどの登録や、参加したことがあるイベントの次回案内などの情報も取得ができるので、そこまで作業しておいた方がGood!

CSS Niteは全国各地で行われているWeb制作全般に関するセミナーイベント。メール登録をすることによって月1-2回、開催情報に関するお知らせを送ってくれます。

Study Mailは自分の気になるキーワードを登録しておくと、沢山ある告知サイトの情報をメールでお知らせしてくれるサービスです。メールなどは毎日チェックするものですから、これはこれでまた便利。

その他にもFacebookやTwitterで情報を流してくれる方もいらっしゃるので、気になる人はフォローしておくのがBest!
Facebookグループを持っているイベントなどにいいね!をしておくと、そこでも情報をGetできます。

これらで得た情報を参加・参加未定関係なくGoogleカレンダーに登録をしておきます。タイトルに参加・参加未定という文字を、そして詳細に申込ページのURLを入れておくことにより、申し込み忘れの防止になりますよ!

2. 名刺は必ず持っていく!

イベントや勉強会に参加するなら当然!と思っている方もいらっしゃいますが、実際には「忘れてきた」「持ってきた数が少なかった」などと名刺交換ができなかった方も多々います。逆に自分の味が出ているデザインやとても凝っている加工された名刺を持っている人などは、名刺交換の時に話の話題をうまく作れています。

たかが名刺、されど名刺

個人名刺を持っていなくても、自己アピールなどができると印象を与えることができるのでこれも必須。

私は

  • 札幌から転勤できた
  • 今はぺーぺーだけど自分で手を動かせる人になりたい
  • イベントに多数出ているんです

などのお話をさせて頂くことで、そこからさらに話を広げます。

3. 可能であればFacebook申請をさせてもらう

これは相手によりけりです。

私の中でのルールとして「直接会って交流させてもらった人に必ず直接確認する」があります。
人によってはFacebookはプライベートでしか利用していませんという方もいらっしゃるので、これは必ず!

またイベントや勉強会で登壇したヒトたちは、多数の方と名刺交換をしたり、挨拶したりしています。誰が誰だか分からなくなるということがあっても当然です。申請と同時にお話をさせて頂いた内容などを添えたメッセージでご挨拶。

それだけでは継続して覚えてもらうことは難しいので、早い段階で、相手がFacebookに投稿した記事などに、いいね!だけではなく、コメントもさせて頂いています。

あ。もちろん、Facebookの顔写真は自分だと分かる写真にしましょうね。イラストや動物、モノなど誰か分からない写真だと相手も思い出せませんよね。名刺などにFacebookと同じ写真を入れておくと相手の方にも思い出してもらい易いと思います。

4. またお会いできた時には必ずお声掛け

Facebookなどで繋がりが広がると、ご本人が登壇するイベント情報などがタイムラインに流れてくるのでまたお会いできる機会を見つけることができます。この人とはもっと仲良くなりたい!自分を知ってもらいたい!という場合は、必ず参加しておきましょう!

私は札幌に居るときに憧れていたデザイナーさんのイベントに常に参加して、必ずお声掛けをしていました。それが2回目、3回目と回を重ねることにより、顔を認識され、名前を覚えてもらいと嬉しい環境へと導いてくれます。
今でいうと「ストーカーやってましたー!」と笑い話になっていますが、その時のあたしは一人でどうやって声を掛けようとか、タイミングを見計らったりと、ひとりプルプルはしていたんですけれどね・笑

こちらは特に遠方からくる方など、なかなかお会いできない人ならば必須です!
Facebookで繋がっていたとしてもやっぱり「Face to Face」が大切だと私は思います。

141227_03

5. 懇親会はなるべく参加!

イベントや勉強会でとても有益な情報を得ることができると思いますが、勝負は懇親会からです!
お酒が入り、美味しいご飯を食べるときにこそ、裏話やちょっと便利な情報やテクニックの話が出てくるものです。またイベントや勉強会のときの質問などや、それとは関係ないけれど、聞きたいことなんかも聞くことができます。名刺交換もイベント後よりゆっくり機会もあるのでぜひ参加するべきです!

イベントや勉強会に参加している方々の中でも色々な縁があります。少しでも長くお話する機会を逃すことはありません!

6. 書籍は購入!

イベントや勉強会に参加して勧められた書籍、登壇者が書いた書籍などは購入するべき!
自分自身の勉強にももちろん繋がりますが、コミュニケーションツールにも使えます。

イベント時に持っていくとサインを書いてもらえます!笑

たまにイベント会場で購入することができます。あわよくばちょっと割引されたりするときもあります。
出版記念イベントに参加して、書籍の内容などのお話を聞いてから購入するということもできますね。

お得な情報も得ることができますので、出版記念イベントなどもチェックしておくとGood!

7. 自分ができることはなんでもやってみる!

イベントなどでお会いしたヒトたちに自分ができることなどをしっかりとアピールすることができると、登壇やお仕事でお声掛けされることもあるかと思います。
ただ、「まだ勉強中だからアピールすることがない…」という方でも、何かできることはあるはずっ!

そんなとき、私は自分ができることならなんでもやってみました!笑

例えば、受付
イベントのときには必ず必要になってくるスタッフです。かと言って、特別必要スキルがあるわけではありません。
私はまず、ここから潜り込みました・笑

そして、司会・アシスタント
ある程度の社会人としての最低限のスキルがあれば、こちらも可能です。ただ、人前に出るお仕事。さらに登壇されている方々のサポート、イベントをスムーズに進める為の配慮も必要ですので、もちろん簡単ではありませんが、小さな勉強会やイベントなどから経験するといいかもしれません。

私はこの2点に関しては以前、別な分野で経験をしていたこともあり、業務の流れや経験があったことが幸いでした。
ここならいま勉強しているスキルが足りなくても、お手伝いができる!と思い、経験させてもらいました。

その他、ハッシュタグで呟いてみる、イベント参加後にBlogを書く。
これらは自分の復習にも繋がる作業となるので、是非おススメします。

141227_04

まとめ

ここまで赤裸々に綴ってみましたが、、私の腹黒さが全面に出てしまっているのではないかと不安です・・汗

もちろん、最初からこれらのことを心掛けていたわけではありません。
イベントや勉強会に参加しているんだからこそ、そこから何かを得たい、成長したいと試行錯誤してやってきたことがこの7つです。
そしてそれをやってきたコトにより、この1年充実した日々を送ることができたと思っています。

自分、頑張った! (๑و•̀ω•́)و

そう思いつつも、もちろん、この1年で私と関わってくれた方々にも多大なる感謝をしております。
皆さまが居てくれたからこそ、私は頑張ってこれたのです。

上記7つのことを心掛けつつ、1年で70以上のイベント・勉強会に参加すると以下の成果が出ます。

  • コミュニティに参加できる!
  • 最新情報を常に得ることができる!
  • 定員越えする人気イベントに参加できる!
  • 全国津々浦々、たくさんの知り合いができる!
  • 知り合いの知り合いに紹介してもらえる!
  • 人気の会社訪問ができる!
  • 憧れの人とschooに出れる!(……かも笑)
  • 講師業務を依頼される!(……かも笑)
  • 制作依頼を受けれる!(……かも笑)

逆算すると週2回の参加。ちょっとサボっても大丈夫な程度です。
あなたも一緒に頑張ってみませんか?笑

2014年締めの挨拶

2014年の終わりに自分はこうなっていたいという野望を多いに超える環境に身を置けたと思いつつも、スキル的にはまだまだ野望に追いついていない部分もあります。

2015年は目に見えて分かるほどのスキルアップ、さらなる経験を付けるべく、頑張っていきます。
何卒よろしくお願いします。

皆さまにとっても、また新たな良い年となりますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です